ジャケットは過激だが、ポップなオルタナティブ・アルバム:Green Mind/Dinosaur Jr【CD千本ノック 0109本目】

10歳に満たないように見える女の子が、口にタバコをくわえて立っている。よく見ると煙は出ていないものの、今だったらこのジャケットだけで物議を醸しそう。

ただアタクシは、初めて見たとき格好ヨイ写真だなと思ってしまって、それ以上の思いは抱かなかった。実際に、「オルタナ史上屈指の最高ジャケット」などと言われているくらい、インパクトがあるし、評判もヨイのである。

そんなジャケットのおかげだけでなく、『グリーン・マインド』は、ダイナソーJrの代表作と言ってヨイだろう。ちょっとやる気のないヘロヘロなヴォーカルにジャキジャキとノイジーなギター、ドライブ感のあるドラムが特徴である。

彼らの音楽は、オルタナティブ・ロックに分類されると思うが、少なくともこのアルバムはポップさが一番の売りになっていると思う。ほとんどすべてのパートを、バンドリーダーであるJ・マスシス(最近はMascisを「マスキス」と表記する場合が多い)一人が担当しているようだ。

オルタナティブ・ロック好きにとっては、ある意味定番の必聴アルバム。ニルヴァーナなんかと比べてしまうと、カリスマ性なんかは感じないものの、今聴いても古びていない。まだ聴いたことがない方は、ポップさを堪能するためにも、気軽な気持ちで聴いてはどうだろうか。

Green Mind/Dinosaur Jr(1991)
1. The Wagon
2. Puke + Cry
3. Blowing It
4. I Live For That Look
5. Flying Cloud
6. How’d You Pin That One On Me
7. Water
8. Muck
9. Thumb
10. Green Mind

「CD千本ノック」の一覧はコチラ

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ