心地よく、美しく、切ない未来の不在:Modal Soul/Nujabes【CD千本ノック 0035本目】

LINEで送る
Pocket

この『モーダル・ソウル』がリリースされたときに、確かタワレコなんかで猛烈にプッシュされていて、やや渋々手に取ったのだったと思う。ヒップホップはそんなに得意ではなかったし、第一印象は何だか格好つけているように感じたからだ。

Nujabes(ヌジャベス)というアーティスト名は、本名である瀬葉淳をローマ字表記にした「SEBAJUN」を逆さにしたものだということも、かなり後になって知った。だから最初は、CDを手にしながら奇妙な印象しか受けなかった。

ただ、そのサウンドはアルバムを通して、ひたすら心地よく、美しく、切ない音が奏でられている。それほどヒップホップを聴き込んでいるわけではないが、このアルバムの完成度は圧倒的に高く、ある意味孤高のアルバムに感じるほど。何か特別なものに触れている気がするのだ。

気持ちのよいリズム、きれいなメロディーがあれば、その瞬間は聴き手を満足させられるかもしれない。しかし、アーティストとして印象に残ったり、一枚のアルバムとして長く記憶してもらうのは、誰にでもできることではない。だが、今でもこのアルバムは聴き継がれている。

Nujabesは、2010年に交通事故で亡くなっているので、このセカンド・アルバムが最後のオリジナル・アルバムとなってしまった。もう彼の新しい音楽を聴くことはできないのだ。それゆえに自然と、『モーダル・ソウル』の先にどんな音が鳴ったのだろうと思ってしまう。やはり彼の不在が残念でならない。

Modal Soul/Nujabes(2005)
1. Feather
2. ordinary joe
3. reflection eternal
4. Luv (sic.) pt.3
5. Music is mine
6. Eclipse
7. The Sign
8. Thank you
9. World’s end Rhapsody
10. Modal Soul
11. flowers
12. sea of cloud
13. Light on the land
14. Horizon

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ

LINEで送る
Pocket