立ち尽くす、すべてのものが終わる:The Doors/The Doors【CD千本ノック 0051本目】

LINEで送る
Pocket

「ロック好きなら、ドアーズくらい聴いておかなきゃ」くらいの気持ちで、『ハートに火をつけて(The Doors)』を購入した。ただアタクシは、バンド・サウンドのオルガンやらキーボードやらがやや苦手。そんなこともあり、キーボードが目立つ彼らのファースト・アルバムは、好んで聴く感じではなかった。

しかし、映画『地獄の黙示録』で「ジ・エンド」が流れているのを聴いて、「スゴイ曲が入っていたんだー」とすっかり認識を新たにした。こんな名曲にちゃんと気づいていなかったなんて、恥ずかしい限りである。

さらに恥の上塗りだが、今回ライナーノーツを読んだり、あれこれ調べていて、「ジ・エンド」の歌詞に深い意味があるのを知った。冒頭の「This is the end」というフレーズは、何より強く印象に残っていたのだが、後半で父親を殺したいと語り、母親を求めるくだりがあったのだ。この曲が「エディプス・コンプレックス」をテーマにしていたと、全然知らないままで聴いていたのである。

アタクシのつたない英語力ではあるが、ボーカルのジム・モリソンが書いた「ジ・エンド」の詩を読むと、人間の奥底にある欲望と、それを追い求めることで「終焉」に直面してしまう様子が、叙情的に描かれていた。発表当時も、物議を醸したようだが、本当に衝撃的な歌なのである。アタクシが言うのもナニだが、もしこのアルバムや「ジ・エンド」を聴くことがあったら、併せて歌詞も堪能してほしいと思う。

The Doors/The Doors(1967)
1. Break On Through (To The Other Side)
2. Soul Kitchen
3. The Crystal Ship
4. Twentieth Century Fox
5. Alabama Song (Whisky Bar)
6. Light My Fire
7. Back Door Man
8. I Looked At You
9. End Of The Night
10. Take It As It Comes
11. The End

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ

LINEで送る
Pocket