「猶予期間は誰にでもある、無罪だ」ということらしい:無罪モラトリアム/椎名林檎【CD千本ノック 0065本目】

LINEで送る
Pocket

ノストラダムスの大予言によれば「恐怖の大王」が空から来ると言われていた1999年。その年にリリースされたのが、椎名林檎の『無罪モラトリアム』だ。世を儚んだ世紀末から、もう20年近く過ぎていることになる。

『無罪モラトリアム』は、彼女にとってデビューアルバム。今このタイミングで改めて聴いても、全然古びていないし、椎名林檎の初期衝動がパンパンに詰まっているように感じた。好き嫌いにすぎないが、彼女の作品の中で一番ヨイCDではなないだろうか。少なくともアタクシには、最も印象に残っているアルバムだ。

椎名林檎を知ったのは、サードシングルの「ここでキスして。」だったと記憶している。CDがスマッシュヒットして、「カウントダウンTV」で見たのが初めてだと思う。見たといっても10秒程度だったはずだが、「必ずこの人の音楽をチェックしなきゃ」と一発で覚えてしまった。

当時はまだまだJポップというか、日本の音楽シーンが元気な頃で、CDなんかもよく売れていたのだが、アタクシが聴きたいと思うサウンド、アーティストにあまり出会えないでいた。

国内でよく売れているCD、アーティストなんかも、自分の守備範囲とはやや離れていたので、彼女の音楽を聴いて、「そうそう、こんなロックが聴きたかったんだよな」と溜飲を下げたのである。

今ではオリンピック関連のサウンドも手がけ、ある意味日本を代表する音楽家になっている椎名林檎。年々進化を遂げ、日々洗練されてきたのであろう。もちろん、その仕事ぶりに不満があるわけではない。

それでも、彼女の原点ともいえる無罪モラトリアム的な音楽、女性らしいチャーミングさとべらんめいな巻き舌が同居するボーカルや、何かを叩きつけるような、まだ角が取れていないロック・サウンドを、またいつか聴いてみたいなと勝手に期待してしまうのだ。

無罪モラトリアム/椎名林檎(1999)
1. 正しい街
2. 歌舞伎町の女王
3. 丸の内サディスティック
4. 幸福論(悦楽編)
5. 茜さす 帰路照らされど…
6. シドと白昼夢
7. 積木遊び
8. ここでキスして。
9. 同じ夜
10. 警告
11. モルヒネ

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3はコチラ

LINEで送る
Pocket