よそ者のブルースを奏でる「あのバンド」:The Band/The Band(1969)【CD千本ノック 0116本目】

ザ・バンドのセカンド・アルバム『ザ・バンド』のCDを買ったのは、確かファースト・アルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』を聴いて、気に入ったからだったと思う。このバンドなら、外れはないだろうと考えたのだ。

ライナーノーツには、ザ・バンドのファーストとセカンド・アルバムは傑作だと書かれていた。そうした意味では、効率のヨイ買い物をしたのだろうか。

彼らのサウンドは、フォーク、ブルース、カントリーといったアメリカのルーツ・ミュージックをベースにしたロックだ。そして、このアルバムは南部的なアメリカン・ミュージックの到達点とも言える内容だと思う。

ただしメンバーは、アメリカ人は1人しかおらず、残り4人はカナダ人だった。そんなこともあり、アメリカの音楽評論家グリール・マーカス(Greil Marcus)は、ザ・バンドの音楽を「よそ者のブルース」と評したそうだ。

もしかすると、そうした外部の視点からアメリカンのルーツ・ミュージックを見ていたからこそ、様々な音楽の良さを上手くまとめ上げられたのかもしれない。

アタクシ的に、一押しの一曲があるわけではないが、逆にどの曲を聴いても心地よいバイブが流れている。アルバム全体を通して、本当に気持ちがヨイのだ。ほぼ半世紀の間、聴き継がれているのは伊達ではないのだろう。

ちなみに、彼らのシンプルなバンド名は、周囲から実際に「あのバンド」と呼ばれていたことに由来するという。

The Band/The Band(1969)
1. Across The Great Divide
2. Rag Mama Rag
3. The Night They Drove Old Dixie Down
4. When You Awake
5. Up On Cripple Creek
6. Whispering Pines
7. Jemima Surrender
8. Rockin’ Chair
9. Look Out Cleveland
10. Jawbone
11. The Unfaithful Servant
12. King Harvest (Has Surely Come)
13. Get Up Jake (Outtake­Stereo Mix)
14. Rag Mama Rag (Alternate Vocal Take­Rough Mix)
15. The Night They Drove Old Dixie Down (Alternate Mix)
16. Up On Cripple Creek (Alternate Take)
17. Whispering Pines (Alternate Take)
18. Jemima Surrender (Alternate Mix)
19. King Harvest Has Surely Come (Alternate Performance)

「CD千本ノック」の一覧はコチラ

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ