バンドとしてオーラス前のアルバム:共鳴/チャットモンチー(2015)【CD千本ノック 0111本目】

LINEで送る
Pocket

2018年中に解散することを発表しているチャットモンチー。本人たちの表現に従えば、「完結」することになるらしい。そしてこの『共鳴』は、現時点で彼女たちにとって最も新しいオリジナル・アルバムになる。

なお、間もなくの解散をにらんでか、2018年3月には初のトリビュート・アルバム『CHATMONCHY Tribute ~My CHATMONCHY~』がリリースされたし、2018年6月27日には『誕生』と題したラスト・アルバムの発売も予定されている。解散と言っても、湿っぽい感じとは程遠いようだ。

前作『変身』から2人編成のバンドになって、音楽性も随分と変わったと感じていたが、この『共鳴』ではさらにその変化が顕著だと思う。バンド・サウンドはすっかり後退しており、Jポップ・アルバムといった方がヨイだろう。

率直に言って、チャットモンチーのロック・サウンド、3ピースの織り成す音楽が好きだったアタクシにとっては、聴きやすいアルバムではない。気がつけば、購入時に1回聴いたきりになっていたくらいだ。

ただ、セルフ・プロデュースで制作されたアルバムだから、彼女たちにとって最も鳴らしたい音を鳴らしたと考えるべきだと思う。既存のファンも基本的に好意的に受け止めている。アタクシ個人としては最終アルバム『誕生』で、どんな音を聴かせてくれるのか期待したい。

共鳴/チャットモンチー(2015)
1. きみがその気なら
2. こころとあたま
3. ぜんぶカン
4. 隣の女
5. 毒の花
6. 私が証
7. 楽園天国
8. 最後の果実
9. 例えば、
10. いたちごっこ
11. ときめき
12. ドライブ

「CD千本ノック」の一覧はコチラ

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ

LINEで送る
Pocket