先輩から可愛がられる10代のシンガー・ソングライター:Illuminate/Shawn Mendes【CD千本ノック 0103本目】

ショーン・メンデスは、1998年8月8日にカナダのトロントで生まれたシンガー・ソングライターである。年齢は現時点で19歳と、まだとても若いアーティスト。しかし、音楽においては若さよりも、むしろ落ち着きや手堅さを感じる。

この『イルミネイト』も、日本ではデビュー・アルバムになるが、自国などでは2015年にファースト・アルバム「ハンドリトゥン(Handwritten)」をリリースしており、彼のキャリアとしては2枚目に当たる。また、ファースト・シングルを2014年に出していたりと、ベテランとは言えないものの、ティーン・エイジャーではあるが駆け出しではないのだ。

先輩アーティストからの評価も高い。テイラー・スウィフトが北米ツアーのオープニング・アクトに抜擢したり、ジャスティン・ビーバーがアルバムを絶賛したりと、文字通りの可愛がりエピソードに事欠かないのである。

その音楽性において、彼自身が憧れ、強く影響を受けたミュージシャンはジョン・メイヤーだという。そのせいか、1曲目の「ルーイン」は、ジョン・メイヤーを思い出させる曲で、「あれ、これって彼のカバーだっけ」と勘違いしたくらいだった。

もちろん、ジョン・メイヤー風の楽曲ばかりではない。少し南米を感じさせる曲やピアノの演奏で歌い上げる曲など、思った以上に収録曲はバラエティーに富んでいる。聴き手を選ばない、サウンドや歌の幅広さがショーン・メンデス最大の強みなのかもしれない。

Illuminate/Shawn Mendes(2017)
1. Ruin
2. Mercy
3. Treat You Better
4. Three Empty Words
5. Don’t Be A Fool
6. Like This
7. No Promises
8. Lights On
9. Honest
10. Patience
11. Bad Reputation
12. Understand
13. Hold On
14. Roses
15. Mercy (Acoustic)
16. Stitches
17. Treat You Better
18. Ruin [Live]

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ