日常をセンチメンタルに塗り替えるスーパーバンド誕生:chatmonchy has come/チャットモンチー【CD千本ノック 0055本目】

チャットモンチーのデビュー・ミニアルバム。「薄い紙で指を切って 赤い赤い血がにじむ/これっぽっちの刃(やいば)で/痛い痛い指の先」という歌詞で始まる「ハナノユメ」から、「何でもない毎日が本当は/記念日だったって今頃きづいたんだ 今頃気づいたんだ」と、卒業をテーマに歌った「サラバ青春」までの6曲で構成されている。

ジャケット写真を見ると、これは誰というくらいその後の彼女たちの見た目と違う。若さというよりも、幼さなく、アカ抜けていないように見える。

ただ音楽的には、この時点でもう完成してしまっていたように感じた。橋本絵莉子のハイトーンボイス、3ピースで奏でられるバンド・サウンド。平凡な日常を題材にしながらも、センチメンタルな気分にさせられる。

彼女たちがデビューする頃、プロデュースを担当していた元スーパーカーのいしわたり淳治が、しきりと「すごいバンドがいるんだよね」と言っていたのを覚えている(何かのメールマガジンだったか?…具体的な媒体は忘れてしまった)。

いわゆる宣伝的な発言と思っていたこともあり、実際にCDを聴いてみて、言葉通りヨイバンドだったので、ビックリしてしまった。ライブなどを見たことはないが、デビュー以来、新しいアルバムが出ると欠かさずフォローしてきたバンドである。

chatmonchy has come/チャットモンチー(2004)
1. ハナノユメ
2. DEMO、恋はサーカス
3. ツマサキ
4. 惚たる蛍
5. 夕日哀愁風車
6. サラバ青春

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ