傑作を1枚残したまま行方不明:Finelines/My Vitriol【CD千本ノック 0102本目】

マイ・ヴィトリオールは、2001年だったかにサマー・ソニックで初めて見て、まさにひとめぼれしてしまったバンドである。サマー・ソニックが終わると、いそいそとCD屋に向かって、この『ファインラインズ』を入手した。

一枚しかアルバムがなかったこともあり、アタクシはこのCDを繰り返し聴いた。鋭く叩きつけるようなドラムとノイジーなギターによって、疾走感が生まれ、激しさとクールさが見事に調和した音楽が鳴っている。

バンドの紹介に際しては、「マイ・ブラディー・バレンタインとニルヴァーナの融合」とも表現されたようだ。実際に、バンドのフロントマンであるソム・ウォードナー(Vo&G、作詞作曲担当)は、「音楽面では、カート・コバーンが僕のヒーローだね。だって彼に触発されてギターを始めたんだから」と答えている。グランジとシューゲイザーのいいとこ取りした音楽と言えるかもしれない。

ただ残念なことに、このファースト・アルバム以降、彼らはあまり活動をしておらず、ある意味傑作を1枚だけ残して行方不明になってしまった感じなのである。音楽としての完成度も高く、アタクシ含めリスナーの評価も非常に良かったので、本当にもったいないと思う。何らかの形で復活してくれたら、また聴きたいし、応援したいのになあ。

Finelines/My Vitriol(2001)
1. Alpha Waves
2. Always: Your Way
3. Gentle Art of Choking
4. Kohlstream
5. Cemented Shoes
6. Grounded
7. C.O.R. (Critic-Oriented Rock)
8. Infantile
9. Ode to the Red Queen
10. Tongue Tied
11. Windows & Walls
12. Taprobane
13. Losing Touch
14. Pieces
15. Falling Off The Floor
16. Under The Wheels
17. All Of Me
18. Another Lie
19. Safety Zones And Crumple Zones

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ