ビートルズに肩を並べる奇跡の一枚:(What’s The Story)Morning Glory?/Oasis【CD千本ノック 0100本目】

LINEで送る
Pocket

いきなり「ワンダーウォール」に関するディテールの話しで恐縮だが、冒頭「ゴホン」と咳ばらいから始まるアルバム・バージョンの方が、何もないシングル・バージョンより好きだ。「これから歌い始めるぜ」という感じがするからだろうか。

この『モーニング・グローリー』は、1995年にリリースされたオアシスのセカンド・アルバム。もう20年以上前のアルバムになるが、彼らにとって最大のセールスを記録しているし、今でも聴き継がれていて数多くのリスナーに愛されているから、珠玉のロック・クラシックと言ってヨイだろう。

アタクシ自身、発売当初からずっと聴いてきたCDであるが、その時に感じたメロディの美しさ、歌声の力強さ、サウンドの瑞々しさは、今聴き直しても、全く変わらない。これからもエバーグリーンとして、彼らが敬愛するビートルズのように、世界中の人にずっと聴かれ続けていくのだと思う。

これだけ駄曲がなく、何度聴いても、いつ聴いても、グッとくるロック・アルバムは本当に珍しい。アタクシの私見ではあるが、少なくともこの『モーニング・グローリー』については、ビートルズに肩を並べたアルバムと評価している。そうした意味でも、20世紀を代表する奇跡の一枚と言えるだろう。

(What’s The Story)Morning Glory?/Oasis(1995)
1. Hello
2. Roll With It
3. Wonderwall
4. Don’t Look Back In Anger
5. Hey Now!
6.
7. Some Might Say
8. Cast No Shadow
9. She’s Electric
10. Morning Glory
11.
12. Champagne Supernova

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ

LINEで送る
Pocket