「FUJI ROCK FESTIVAL ’18 完全版」2日目感想文(1)【フジロックGO #0268】

LINEで送る
Pocket

うっかりしているうちに、「FUJI ROCK FESTIVAL ’18 完全版」1日目感想文(8)【フジロックGO #0181】を投稿してから3カ月が経ってしまっていた。特に強い理由はないのだが、そろそろ2日目を見始めたいと思う。

さて、「FUJI ROCK FESTIVAL ’18 完全版」の2日目であるが、アタクシが観られたのはeastern youthとOLEDICKFOGGYである。eastern youthは、2曲演奏しているが、そのうちの1曲は偶然にも(?)「夏の日の午後」であった。彼らはやはり、エバーグリーンな音楽を鳴らしてくれていて、20年以上変わらない「夏の日の午後」の切なさ【フジロックGO #0260】に書いた通り、切なさ満載なライブであったと思う。

OLEDICKFOGGYに関しては、初めて観るバンドだし、”ROOKIE A GO-GO”から10年振りのようだたったけど、少しダレたアクトに見えなくもないなと思ってしまった。あんまりフジロックのライブでネガティブな感情をいだくことはないのだけど、ちょっと物足りなさを感じただろうか。ファンの方、ゴメンナサイ。

LINEで送る
Pocket