苗場とコロナウイルスの行方【フジロックGO #0120】

LINEで送る
Pocket

2020年のフジロックは、コロナ禍の影響で中止になるかもと、いまだに心配が絶えない。そんな状況で、「緊急事態宣言、延長へ 全都道府県一律も―政府、5月5日までに最終判断」といった記事を見ると、さらに不安が募ってしまう。

ただ、アタクシたちが暮らす地域の教育委員会からは、次のような連絡をもらった。

【一斉休校延長】令和2年5月7日(木)から令和2年5月17日(日)まで
【夏季休業】
・一斉休校期間の延長に伴い、夏季休業期間を8月8日(土)~8月23日(日)16日間とします。

注目したいのは、緊急事態宣言の期限延長が1カ月と目されているのより短い10日間の延長であることと、夏季休業の日程が短縮され、日数も具体的に明示されたことであろうか。もちろん、再度この通達自体が変更されるかもしれないが、今のところ教育現場は、5月18日以降はある程度、普通の生活に戻そうとする意図が見て取れる。

これを見ると、予定通りフジロック2020は開催できるような気もしてくる。ただ一方で、夏休みが8月23日までということは、フジロック最終日の翌日から学校が始まっているのだ。これまでは、月曜日に自宅へ戻るスケジュールだったが、家族で参加するなら、そうした日程も見直す必要が出てきそうである。

LINEで送る
Pocket