「FUJI ROCK FESTIVAL ’19 完全版」3日目感想文(8)【フジロックGO #0074】

LINEで送る
Pocket

とうとうFUJI ROCK FESTIVAL ’19 完全版の視聴も、おしマイケルだ。何気にちょっと感慨深い。今回登場したのは、平沢進+会人(EJIN)、VINCE STAPLES、THE CURE、G&G Miller Orchestraである。

平沢進+会人(EJIN)は、初老と思しき白髪の男性と白いペストマスクを被った2人(多分男性だと思うけど、顔は全く見えない)によるユニットのようだ。全然知らないアーティストだったけど、観客の様子を見るとコアなファンがいるようで、とっても盛り上がっている。アタクシも生で見たら、もっとグッとくるのかもしれない。

VINCE STAPLES(ビンス・ステープルズ)も、知らないアーティストだったが、やっぱり会場はとっても盛り上がっている。ステージのバックは、テレビ画面をいくつも並べたような状態で、本人はマイク一本、ライムだけで聴衆を煽っていた。

今回唯一名前を知っているのが、THE CUREである。グリーン・ステージのトリらしく、スケール感のある音を鳴らしていた。それほど、ポップでキャッチーな曲は演奏していないが、きちんと聴かせてしまうのは流石だなと感じる。

G&G Miller Orchestraは、ボーカルにトータス松本さんが登場。トータスさんって、ホントどんな音楽にも合わせて歌えて、スゴイなーと思う。そして、録画がどうやら途中で終わっていたようで、唐突にアタクシの自宅フジロックは終了してしまった。まあ、こんなこともあるよね。

LINEで送る
Pocket