改めて気づかされる各アクトのレベルの高さ【フジロックGO #0018】

LINEで送る
Pocket

2020年の元日に、フジロック2019の完全版の再放送があった。2019年の9月か10月くらいに初回の放送があったのだと思うが、仕事に追われて見逃していた。ここ何年か家族全員で参加しているので、苗場に行ってもライブはほとんど見られず、フジテレビNEXTで放映されるこの完全版の録画(録画してもそれほどちゃんと見られていない…)が、秋のルーティンになっている。ちょっと仕事にかまけていて、重要なルーティングおろそかになっていたのだ。

その録画のため、フジテレビNEXTを改めて契約した(チャンネル追加)。フジロック2019の完全版は無事録画でき、ブルーレイに保存し直して一件落着となるはずだったが、番組名で録画を選択したせいか、その後フジロック以外のフェス映像が録画され始めた。最近はそれを、チョコチョコと見ている。アタクシも全く知らず、よくわからない「〇〇フェス」も多いのだが。

そこで感じるのが、改めでライブコンサートとしてのフジロックのレベルの高さ。当然、好き嫌いもあるので一概には言えないが、フジロックのライブは外れが少ないなーということに再度気づかされた。日高大将の選球眼がヨイのか、現場の方の仕事ができるのかはわからないがけれども。こうして、他のロックフェスを見ながらも、フジロックを思い出すアタクシでした。

LINEで送る
Pocket