徳島出身の女性3人が響かせるオルタナティブ・ロック:耳鳴り/チャットモンチー【CD千本ノック 0068本目】

『耳鳴り』は、前作『chatmonchy has come』に続く、チャットモンチーのメジャーデビュー後2枚目のCD。初のフルアルバムであり、こちらがファースト・アルバムになるようだ。

ライナーノートの最後に載っていた彼女たちの写真を見ると、地方で就職した新人OLの休日のようにしか見えないものの、音はすっかり一級品。バンドとしては初期ではあるが、橋本絵莉子、福岡晃子、高橋久美子の3人がロック・サウンドを爆発させている。ファースト・アルバムで既に強いオーラを放っていると思う。

4曲目「ハナノユメ」では、「薄い紙で指を切って/赤い赤い血が滲む/これっぽっちの刃で痛い痛い指の先」と歌う。CDの中ではとても印象的に響くが、詞の世界観は日々の生活だったり、自分たちの手が届くことが中心。サウンドの感触は全然違うものの、女性のバンドということもあってふと少年ナイフを思い出した。

また、最終曲の「ひとりだけ」をはじめ、オルタナティブ・ロック的な音が随所に聴かれる。アタクシ的にもとても好みのサウンドであるし、日本のガールズ・ロックバンドという範疇で考えると、異例のサウンドプロダクションではないだろうか。プロデューサーであるいしわたり淳治(元SUPERCAR)の影響なのかもしれない。

耳鳴り/チャットモンチー(2006)
1. 東京ハチミツオーケストラ
2. さよならGood bye
3. ウィークエンドのまぼろし
4. ハナノユメ (ALBUM Mix)
5. どなる、でんわ、どしゃぶり
6. 一等星になれなかった君へ
7. おとぎの国の君
8. 恋の煙(ALBUM Mix)
9. 恋愛スピリッツ
10. 終わりなきBGM
11. プラズマ
12. メッセージ
13. ひとりだけ

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3はコチラ