のじゅく【野宿】

オートバイでニ週間くらいの長い旅に出ると、寝泊りの大半は、決まって野宿になりました。特に学生の頃は、自分の自由になるお金は少なかったので、数泊のツーリングだったとしても、テントを張って宿泊費を浮かすことがほとんどでした。

宿泊代は無料だったり、キャンプ場みたいなところでも、無料に近いお金しか必要なかったりするので、懐のさびしい私には大変助かりました。この浮いたお金で、楽しい旅の日数を少しでも長くできるわけです。

特にバイクでの野宿だと、タンクの上や後部座席にラクダみたいに荷物を載せたとしても、着替えなどの必須なもの以外、大したものを持っていくことはできません。そうなると必然的に、テントでの寝泊りもシンプルなものになってしまいます。

当たり前ですが、テレビもなければ、冷蔵庫もなく、明るい蛍光灯もありません。あるのは、寝袋と自分の身一つなわけで、周りが暗くなってくれば、目を閉じて静かに眠るだけでした。そして、自然が目覚まし時計となり、日の出とともにまた走り出すのです。

正直に言ってしまえば、大変不便ですし、お世辞にも快適ではありません。宿泊する場所のそばにお風呂がなければ入浴もできませんし、コンビニエンスストアなども無くて、食べ物に困ることもありました。

でも、悪いことばかりではないのです。その1つに、今までの普通の生活がいかにありがたいものかを知ることができました。雨風をしのげ、布団の上で眠れることが、どれだけ恵まれているかを。日々暮らしていると、すべてが当たり前のように思え、むしろ不満を持っていたことが恥ずかしくなってくるほどです。

そしてもう1つは、野宿をしたからこそ、多くの人と接することができたのです。テントを張っていたりすると、見知らぬ人から「よくやるねえ」などと声をかけられ、短い時間ですが話が出来たりもするのです。

一度は、鹿児島県の串木野で野宿ポイントを探していた際、たまたま「この辺りに公園などないですか?」と聞いた地元の方に「公園は虫も多いから、家に来なよ」と言ってもらい、突然一泊させて頂いたこともありました。お風呂にも入れさせてもらい、ビールや九州ならではの焼酎も頂戴しました。朝食のときには、黒砂糖を勧められました。これもまた、九州の日常生活なのだろうなあと感激したものです。

その方とはひょんなことからの出会いでしたが、その後お礼をしたり何度かやり取りをし、十年くらい経つ今でも年賀状の交換をしています。それは、私にとって昔の旅のちょっとした勲章みたいになっています。

野を宿とするのは、先に述べたように不便や辛いことも数多くあります。でも、普段の生活では決して見つけることができなかったことを気づかせ、人との偶然な出会いを呼ぶ意外な効用ももたらしてくれたのでした。

Embed from Getty Images