2019年、toe「グッドバイ」のライブ映像を観て【フジロックGO #0265】

LINEで送る
Pocket

「FUJI ROCK FESTIVAL Official YouTube チャンネル」で、toe(トー)の「グッドバイ」を観た。2019年の映像ということだから、アタクシも現地で観ているはずだ。

というか、アタクシ家は家族全員で苗場に行っているので、子どもたちの行動に合わせるとほとんどライブは観られず、キッズランドとかに張り付いている感じで、運よく2019年唯一最初から最後まで観られたアーティストである。

toeといえば、インストゥルメンタルバンドだと思っていたので、ボーカルやコーラスがあって、ちょっとびっくりした記憶がある(正直、何歌っているのかは、よくわからないけど)。

アタクシのInstagramには、こんな感じの投稿をしていた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

令和元年7月28日、19時53分。ピロ&チャーは、キッズランドで盛り上がっているので、アタクシだけフィールドオブヘブンに移動して、toeを最初から最後まで。 特に初めの二曲の高揚感が凄くて、理由はよく分からないが、自分はもっと強く生きなければならないと思わされた。 こんな、偶発的とも言えるアーティストとのコミュニケーションが生まれるのが、フジロックのヨイところ。最後の最後だったけど、今年も来た甲斐があった。 #fujirockfestival #frf #fujirock #fujirock2019 #フジロック #フジロック2019

羽生和彦(Kazuhiko Hanyu)(@kazuhiq)がシェアした投稿 –

自分が観たライブを復習できるのは、体験の仕方や時期が変わると、何というか捉え方や感じ方が変わるので、面白いよね。そうした瞬間瞬間を反芻するのも、音楽の楽しみ方のように思う。

LINEで送る
Pocket