ラスコー洞窟の壁画【原稿用紙一枚の教養:0003/1000】

LINEで送る
Pocket

※『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』の各ページを400字程度で要約しています。

第1週第3日(水)
3 視覚芸術
ラスコー洞窟の壁画

世界最古の絵画と言われるラスコーの洞窟壁画。見つかったのは1940年、フランス中部の村モンティニャックの近くだ。洞窟の内部は部屋がいくつもつながっており、その壁には、1万5000年から1万7000年前に描かれた動物の絵が1500点近くあった。

この壁画が描かれた理由は諸説ある。この洞窟の形状が動物の形に似ていると、そのイメージをほかの人に伝えようとして目立つ印を付け加えたのかもしれない。また、壁画の多くが洞窟の中でも人が入りにくい場所にあるため、呪術的な儀式に使われたのかもしれない。

いずれにせよ先史時代の人々は、動物の絵を非常に正確に描くことで、動物を自分たちの思いどおりにしたり、数が減ったときには増やしたりできると考えていたようだ。

壁画の動物は、輪郭線だけで描かれるか、その中が一色で塗りつぶされているかの、どちらか。その多くは、いわゆる歪曲描法を使っていて、例えば頭部は横向きだが、角は正面を向いた形で描かれている。

壁画が旧石器時代のものだと判明すると、1948年に一般公開された。ところが、多くの見学者が訪れたため、壁画が二酸化炭素で傷み、結局、洞窟は1963年に閉鎖された。

【アタクシ的ポイント】
見たままに描くのではなく、見てもらいたいように描くと歪曲描法になるのではないか。

Embed from Getty Images

LINEで送る
Pocket