エモ界のレジェンドは穏やかな音を鳴らす:American Football/American Football(1999)【CD千本ノック 0120本目】

アメリカン・フットボールは、マイク・キンセラ(オーウェンというソロ・プロジェクトもやっているそう)率いるエモ界のレジェンドだという。この『アメリカン・フットボール』は、1999年にリリースしたファースト・アルバムだ。

その後、すぐに解散してしまったので、これが唯一の音源となっていたが、2014年に奇跡のリユニオン。2016年には17年ぶりに、新作『アメリカン・フットボール』を発表した(ファーストと同じタイトルで、かなりややこしい)。

アタクシは、それほどエモ界に詳しいわけではなく、全く知らないアーティスだったのだが、渋谷のタワーレコードでプッシュされていたため、CDを入手した。さっと視聴したような気はするが、レジェンドなどと言われると聴かないわけにはいかないだろう。iTunesの追加日を見ると2014年5月なので、再結成前だったようだ。

サウンドは淡々としていて、穏やかな感じである。伝説的なバンドという事前情報から、勝手にもっとガンガン煽ったり、泣きメロ満載なのかと思っていたら、とても繊細な音色に心洗われてしまった。

アタクシ的には、必聴の一曲だったり、ドキャッチーな曲があるわけではないが、アルバムを通して聴くと、またもう一度聞きたくなるから不思議である。そんな聴き手の気持ちにすっと入り込んで、定着してしまうからこそ、レジェンドと呼ばれるのかもしれない。

American Football/American Football(1999)
1. Never Meant
2. The Summer Ends
3. Honestly?
4. For Sure
5. You Know I Should Be Leaving
6. But The Regrets Are Killing Me
7. I’ll See You When We’re Both Not So Emotional
8. Stay Home
9. The One With The Wurlitzer

「CD千本ノック」の一覧はコチラ

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ