「変わる」と「変わった」との違い:変身/チャットモンチー【CD千本ノック 0097本目】

ドラムを担当していた高橋久美子が脱退して、2人編成のチャットモンチーとして最初のアルバム。アルバム・タイトルにもなっている「変身」という曲から始まる。

高橋脱退の理由は、当時発表された「音楽に向かっていくパワーがなくなっている」くらいしか知らないので、もちろん詳細や真相を理解しているわけではないだろう。

そんなアタクシにとってこのアルバムは、残念ながらドラムが刻むべきリズムに欠けてしまったCDである。ドラム自体は、橋本絵莉子や福岡晃子が担当することで何とか賄っているが、全体の音数が減っていたり、リズムそのもの気持ちよさが、物足りないというのが正直なところである。

「きらきらひかれ」や「満月に吠えろ」みたいに、チャットモンチーらしいロック・ナンバーもあるし、「ふたり、人生、自由ヶ丘」のような、東京の交通網、地名をうまくいかした微笑ましい曲もあり、全く精彩がないとは言わないまでも、かつて彼女たちが鳴らした、切なさと隣り合わせの瑞々しいオルタナティブ・ロックのサウンドは姿を見せていないのではないか。

当然、音楽に誰もが納得する正解はないし、真剣に鳴らされた音楽に文句をつけるのは、ゲスの極みであるだろう。それでもアタクシ自身は、このアルバムをなかなか好きになれずにいる。実際リリース後に1度聴いたら、その後何度も聴き直す感じにはなれなかった。

変身/チャットモンチー(2012)
1. 変身
2. ハテナ
3. テルマエ・ロマン
4. 少女E
5. コンビニエンスハネムーン
6. Yes or No or Love
7. 初日の出
8. 歩くオブジェ
9. きらきらひかれ
10. ふたり、人生、自由ヶ丘
11. ウタタネ
12. 満月に吠えろ

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ
MP3ダウンロードはコチラ