青春時代はいつか終わりを迎える:YOU MORE/チャットモンチー【CD千本ノック 0090本目】

LINEで送る
Pocket

『ユー・モア』は、チャットモンチー5枚目のアルバム。リリース当時のバンドは3人だったが、半年後にドラムの高橋久美子が脱退するので、3人編成のチャットモンチーとして最後のアルバムになる。アタクシは、チャットモンチーのバンド・サウンドが好きだったので、やはり脱退は残念だった。

ただ、チャットモンチーが鳴らす音楽の核は、橋本映莉子のボーカルだろう。他のバンドなどと比べても、彼女の歌声は圧倒的だ。そんな彼女の歌声だけを聴いていたら、『ユー・モア』はチャットモンチーらしい、これまで通りのアルバムと言えなくはない。

だがこのアルバムを繰り返し聴いていると、全体的にポップ・ソング寄りになっていて、バンド・サウンドが影を潜めていたように感じる。

「かつてのチャットモンチーではない」とは言わないが、アタクシのようなオルタナティブ・ロックが好みの人間からすると、ややパンチの足りない音になったように思う。疾走感や前のめり感が薄まった印象を持った(リリースされたばかりの頃は、そこまで意識していなかったのだけど…)。

もちろん「少年のジャンプ」のように、爽快なロックもちゃんと聴かせてくれているし、「謹賀新年」では「願い事が一つ叶うのなら/あなたを愛していますように/怪我しても病気になっても/あなたを愛していますように」と、日常の目線で大人の愛情を歌っていたりと、グッとくる曲も収録されている。

とは言え、アタクシにとっては、「チャットモンチー、すげーなー」と単純に興奮できなくなり始めた最初のアルバムだったのかもしれない。

YOU MORE/チャットモンチー(2011)
1. バースデーケーキの上を歩いて帰った
2. レディナビゲーション
3. 謹賀新年
4. 草原に立つ二本の木のように
5. 涙の行方
6. Boyfriend
7. 桜前線
8. Last Kiss
9. 少年のジャンプ
10. 拳銃
11. 余韻

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ
MP3ダウンロードはコチラ

LINEで送る
Pocket