しんじん【新人】

幕張に引っ越してから、もう5年以上経つのですが、そのときからずっと髪を切ってもらっている理容室があります。不慣れな場所だったので、どこの床屋さんがよいのかも知らず、何となく目に付いたところに入りました。店内は明るく、やけに愛想がよく、カットの腕も結構上手に感じたので、そのままずっと今も通っているのです。

3月は卒業もありますし、異動などが集中する時期だと思いますので、やはり別れの季節なのでしょう。その次の月である4月は、入学や入社などがありますから、新品の学生服や着慣れていないスーツ姿を多く見かける時期だと思います。いわば新人さんの季節と言えるかもしれません。ですから、もうちょっとすれば、ちまたは「新人の季節」となるわけですね。

何月だったかはあまりよく覚えていないのですが、確か2~3年前、先にいった理容室にある日散髪しに行くと、新人さんらしき「佐藤さん」という女性が配属されていました。この店は、千葉県内に何店舗かもつチェーン店で、人の循環も多く、急に馴染みの店員さんを見かけなくなったり、また再会したりしていたので、最初はさして気にすることもなくいました。

その日も、何度も切ってもらっていた方に、いつものように髪を切ってもらっていたのですが、いつしかコロコロとした体格の新人佐藤さんが、何気なくではありますが気になり始めました。というのも、お客さんへかける声も、何だか子どもじみた舌足らずな話し方ですし、背が小さいせいもあり、急いで動くとテキパキというよりも、ドタバタした印象を与えていたからです。

新人さんですから、当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、何事もあまり器用にこなせないようで、素人の私から見ていても、大丈夫かなあと心配させる状態でした。そんな具合ですから、店長を初め、周りの先輩の方々も彼女の仕事振りをしきりと気にしているようでした。

2カ月くらい経って、また散髪に出かけたところ、はたして彼女はいました。そして私には 、以前と変わらぬ仕事振りに見えました。しばらく経っているのに、あまり進歩がないように感じたのです。そのせいか、周りの同僚も厳しく接しているようで、何となく店内の雰囲気も殺伐としたところがありました。

その次のときは、営業時間中、お客さんのいる前で、店長に怒られていました。「やる気があるなら、きちんと行動で示さないとダメだ」と、もっともなお叱りを受けていたのです。私の背中で説教は行われていて、鏡に彼女の姿は映っておらず見えませんでしたが、きっとうなだれていたのではないでしょうか。

そんな佐藤さんでしたが、何度か行くうちに、髪を洗ってもらったり、顔を剃ってもらうようになりました。やはり何だかたどたどしいところはありましたが、経験を積んでいくうちに、少しずつではありますが、しっかりしてきたと思えるようになっています。

さらに、半年くらい前に散髪に行くと、今までならカットの準備作業までしかしなかった彼女に、とうとう私の髪を切ってもらうことになりました。昔から佐藤さんを知っている私は、いくら成長を肌で感じていたとはいえ、正直なところ、緊張してしまいました。

素早い鋏さばきとは言えませんが、ふっくらとした手を着実に、一生懸命に動かし、私の伸びた髪が少しずつ整髪されていきます。仕上がりも、思っていたほど悪い出来ではありませんでした。というよりも、他の人以上に上手に切ってもらえたように感じたのです。

理容師さんの上手下手は、髪が伸びたときにわかると思っています。理容室で切ったときは、ブローや整髪料でごまかすことも可能だと思いますので、伸びたときでもまとまりやすく、整えやすく切るのがプロの力量であり、技だと思うのです。そういう意味で、佐藤さんのカットは、不思議と長持ちしますし、結構いつまでもまとめやすいのです。

ついこの間も、私は髪を切ってもらいました。たまたまですが、佐藤さんです。あの舌足らずな感じやスマートに動けない振る舞いは健在ですが、私は安心して切ってもらいます。むしろ、佐藤さんに切ってもらえてうれしいと思うようになっていました。

初めて見たときの佐藤さんは、本当に何も上手くできない新人さんだったと思います。注意ばかりされていた時期もあったと思います。それでもきっと、彼女は努力していたのでしょう。だからこそ、こうして1人ではありますが、たった1人かもしれませんが、お客さんに好かれる存在となったのではないでしょうか。これからも佐藤さんの成長を、出来るだけ見ていきたい、と考えています。