正月とお盆が一緒に来るイベント【フジロックGO #0002】

LINEで送る
Pocket

気づいた頃には、アタクシにとってフジロックは、「正月とお盆が一緒に来たようなもの」と表現するイベントになっていた。7月最終週の金土日と毎年恒例の3日間ということや、会場が苗場になってからは、フジロックに行くというよりも、また戻ってきたという感覚が強くなってきたからだろうか。

毎年参加しようと思うと、一年間のタイムスケジュールはおのずとフジロックを意識するようになる。転職活動するときも、教育ビジネスのように夏期講習があって夏は必ず忙しい職業は、どうしても選択肢から外れてしまう(現実の仕事選びで困ったことはないのだけど…)。

転職の面接でも、フジロックについて話すことがある。「7月の最終週はフジロックに行きたいので、お休み取れますか」と、ダイレクトに質問したことも少なくない。一般論で考えると、面接時にそんな自分の都合や条件ばかり言うのはどうなんだろうと思わなくもないのだが、面接の通過率などと合わせて振り返ると、直接的に聞けた方が内定をもらうことも多いし、実際にヨイ転職先のような気がする。

意識して発言したわけではないのだが、自分にフィットしていて、雰囲気もヨイからこそ、自然と質問できてしまうのかもしれない。こうした実体験も含めて、転職時にはフジロックに参加したい旨をしっかり伝えるのが吉なのだと思っている。皆さんの幸運を祈る。

LINEで送る
Pocket