煙草やグラスはなかったけど「家族の風景」が心に浮かぶ:音タイム/ハナレグミ【CD千本ノック 0025本目】

ハナレグミは、ファンクバンドSUPER BUTTER DOGのボーカルだった永積タカシによるソロユニット。元々アタクシ自身、SUPER BUTTER DOGなども知らなかったのだが、Webサービス上でソーシャル的に露出されることが多く、彼の音楽に興味を持った。

と言うのも、音楽ログのようなサービスでよくジャケットなどを見かけるようになったのが、ハナレグミを知るきっかけだ。よくある周りの友人の推薦やCD屋さんのリコメンド、プッシュなどではないのである。

たまたまのタイミングもあったのだろうが、当時アタクシが利用していた音楽ログサービスでは、やたらとハナレグミとジャック・ジョンソンを聴いている人が多かった。これだけ、音楽好きがたくさん聴いているのだから、きっとヨイ音楽なんだろうと、自分でも手に取ったわけだ(ジャック・ジョンソンを知ったのも、こうした見ず知らずの人のログのおかげ)。

デビューアルバムの『音タイム』聴いてみて、特に気に入ったのが「家族の風景」である。歌詞はとても短いのだが、その中で何度も繰り返し歌われるのが「キッチンにはハイライトとウイスキーグラス/どこにでもあるような家族の風景」というフレーズ。

自分がまだ幼かったころ、家にハイライト(煙草)はなかったし、ウイスキーグラスも見かけなかった。それなのに、ハナレグミに歌われた歌詞を聴くと、とても懐かしい気持ちになるし、アタクシが子どもだったころの家族の姿を自然と思い浮かべてしまう。

さらに少し時間が経ち、自分が妻を持ち、子どもたちが生まれ、新たな家族生活を刻み始めるようになった。そして、「家族の風景」を聴くと、今度は自分の子どもたちとの家族関係に、自然と思いを馳せてしまうのだから、歌の力は恐ろしい。

フジロックでも「家族の風景」は何度も聴いている。ああした野外、山の中で、またハナレグミの生の歌声であのフレーズを聴くと、歌詞がズドンと胸に届き、理由は不明確なまま目が潤んできてしまう。本当に歌の力は恐ろしい。

音タイム/ハナレグミ(2002)
1. 音タイム
2. 雪の中に
3. 明日天気になれ
4. 家族の風景
5. Jamaica Song
6. Wake Upしてください
7. かこめかこめ
8. ナタリー
9. 一日の終わりに

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ