名盤揃いのゼップで荒削りな初期衝動を感じる:Led Zeppelin I/Led Zeppelin【CD千本ノック 0021本目】

LINEで送る
Pocket

レッド・ツェッペリンのアルバムは、もちろん全部持っているし、それなりに聴きこんでいる。名盤、名曲が多くて、キャリアを通してこれほどクオリティーを保てたバンドは、本当に数えるほどだと思う。まさに歴史に名を残すグループである。

繰り返しになるが、どのアルバムも粒ぞろいで、どれか一枚を薦めるとなると、結構人によってバラバラになるだろう。ただ、「ロックン・ロール(Rock and Roll)」や「天国への階段(Stairway to Heaven)」という超名曲を擁する『レッド・ツェッペリン IV』(このタイトルは便宜上で、正式なタイトル名は付けられていない)を選ぶ人が多いかもしれない。セールス的にもずば抜けて売れているようだ。

しかしながら、アタクシが「レッド・ツェッペリン、この一枚」を挙げるとすると、彼らのファースト・アルバム『レッド・ツェッペリン I』になる。別にひねくれているわけでも、天邪鬼なのでもない。『レッド・ツェッペリン IV』も大好きなアルバムではあるが、自分にとっては『レッド・ツェッペリン I』の荒削りな感じが、何よりグッとくるのだ。

アタクシ自身として、初めてきちんとレッド・ツェッペリンを聴いたのは、『リマスターズ』というベストアルバムだった。最初の曲が、このアルバムで7曲目の「コミュニケーション・ブレイクダウン」で、そのときの衝撃がずっと心に残っているせいかもしれない。『レッド・ツェッペリン I』には、初期衝動が詰まっている感じがして、あっという間に気持ちを持っていかれてしまうのである。

もちろん、レッド・ツェッペリンに駄作はないと思っているので、これ一枚ではなくすべてのアルバムを聴いてもらいたいのが本音だ。Apple Musicにも『The Complete Studio Albums』といって、9枚のスタジオ・アルバムをまとめたものもあるので、Apple Musicを利用している方は、全曲制覇にチャレンジしてほしいなぁと思う。

Led Zeppelin I/Led Zeppelin(1969)
1. Good Times Bad Times
2. Babe I’m Gonna Leave You
3. You Shook Me
4. Dazed and Confused
5. Your Time Is Gonna Come
6. Black Mountain Side
7. Communication Breakdown
8. I Can’t Quit You Baby
9. How Many More Times

Apple Musicはコチラ

CDはコチラ

MP3ダウンロードはコチラ

LINEで送る
Pocket