他者が在る

他者が在る。自己とは、別なるもの。その命をその命として、生きる。その経験をせずに、他者は理解できない。

自己のコピー、浮遊した感触、それらは理解の妨げにしかならない。むしろ、ねじ曲げられた断定への入口なのだ。